Serenata 〜 山本真莉(ギター/ヴォーカル)&佐藤桃子(バイオリン)
Serenata
ギター弾き語り山本真莉とヴァイオリニスト佐藤桃子のユニット。
日本語のオリジナルを含むサンバ・ボサノヴァをレパートリーとする。

ヴォーカルとヴァイオリンで奏でるメロディーは、時に軽快に、時にしっとりと、透明感あふれる世界を紡ぎ出す。

数年来様々な編成で共演を重ねてきたふたりだが、デュオでのライブを望む声も多く、'08年ユニットとしてスタートした。

“Serenata”はポルトガル語でセレナーデ(小夜曲、窓辺で奏でる曲)。


◆山本 真莉(Vocal/Guitar)プロフィール
シンガーソングライターとして、ユニットやソロで活動する中で、ブラジル音楽に魅了されサンバ、ボサノヴァを歌い始める。

2003年、1ヶ月リオ デ ジャネイロに滞在。2004年12月、加々美淳&Celsinho
Silvaプロデュースによりリオにてレコーディングされた2曲を含むファーストマキシシングル『サヨナラ』をリリース。

“日本語でのサンバ”に取り組み、ライブではオリジナル曲や自作の日本語詞でのサンバ、ボサノヴァの名曲も多く取り入れ、独自の世界を展開。

透きとおった包み込むような歌声はブラジル音楽ファンにとどまらず幅広い層に支持されている。
山本 真莉 ホームページ http://mariyamamoto.sakura.ne.jp/

◆佐藤 桃子(Violin)プロフィール
6才よりヴァイオリンを始める。
1994年神奈川県音楽コンクール入選。1999年東京芸術大学卒業。
これまでに梅津南美子、澤和樹、ルジェロ・リッチ、沼田園子の各師に師事。

現在はヤマハ ポピュラー ミュージック スクールなどで、講師をつとめる他、クラシックの演奏会をはじめ、劇団四季「ライオンキング」、東宝「レベッカ」などのミュージカル、さらにブラジル音楽、ポップス、ロックなど様々なジャンルのライブやレコーディングに参加、多くのミュージシャンと共演し、活躍の場を広げている。


Serenata ファーストアルバム『音色(おといろ)』
2013年11月18日 Serenata初のCD『音色(おといろ)』をリリースしました!

オリジナル曲のみ7曲を収録。いつもお世話になっている横浜のHey-JOEで、同年5月に録音しました。
今回はいわゆる「一発録り」という形で録音。Serenataの音楽は、やはり一緒に演奏して初めて生まれてくるもの。なのでライブと全く同じ形にこだわりました。

ライブの勢いそのままのセレナータを、そしてオリジナル曲を歌詞とご一緒にじっくりお聴きください。
収録曲は…1.interlude 2.Edge of the Night 3.BOY 4.Luar 5.雨の降らない場所 6.Azul 7.おやすみ。
みなさまから寄せられたお声をもとに選曲しました。

◇◇◇Serenata新聞◇◇◇
   セレナータでブログを立ち上げました。

   タイトルは「Serenata新聞」
   http://ameblo.jp/serenata-blog
   
   ライブの際にお配りしている新聞のブログ版のイメージです。

・宣伝素材
宣伝素材につきまして、ご入用の方はお手数ですがメールにてご連絡下さい。
折り返しダウンロード用のIDとパスワードをお送りします。
mariyamamoto.sol@gmail.com

  ※ピクセルサイズは800×600pxまたは600×800pxです。

撮影 田中 幹人(http://www.classta.com/)

▲top

Copyright© Mari Yamamoto All Rights Reserved


CGI-design